活動報告


「世界一ワクワクなねりまちづくり」活動報告2015.03.14

DSCF0404DSCF0355
【日時】3/14(土)14:00~17:00
【場所】練馬区勤労福祉会館集会室 
代表の星野が第2回まちづくり講座「世界一ワクワクなねりまちづくり」の講師とワークショップのファシリテーターをしました。

第1部では、「子ども達と育む、まちづくりのイロハ」をテーマに、子どもを取り巻く環境・社会的課題の共有、原体験のシェア(グループワーク)、団体紹介(理念・思い)、これまでの実践紹介(空き家を改装した子ども基地、移動式子ども基地による遊びの出前、防災・環境・職人体験などの子どもイベント、環境デザイン活動、自然体験学校、パパママサロン、まち探検、震災復興支援活動など、企業・NPO・自治体・商店街・町会・学生・パパママサークルなど多様な協働活動を紹介)をしました。

そして、まとめとして、
① 価値のダイヤモンド
② コミュニティシェア=人・場所・物・情報・ノウハウ・資源などをシェア
③ コミュニティミッション=「今×ここ×私たち」にできるコトは?
④あそびは世界を平和にする(地域・世代・分野・時代を超えてつながる)
などを話しました。質疑応答では、道遊びにおける騒音の問題、解決方法や地域との関係性づくりなどの話題がでました。

第2部では”今だけ×ここだけ×私たちだけ”ワークショップとして、一人一人の個性や得意と地域資源をかけ算するまちづくりワークショップを開催しました。

まず、1グループ3~4名で、「今だけ」「ここだけ」「私たちだけ」各カードづくりを行いました。

今だけ:時代・年・季節・月・日・一瞬など
ここだけ:地域資源(人・自然・文化・歴史・産業等)・地域性など
私たちだけ:感性・特技・趣味・ネットワークなど

その後、団体オリジナルの「感育まちキット」を使った頭の体操で、「体×モノ×まち」のかけ算で、固定観念をとり、世界初の遊びを生み出しました。
DSCF0393DSCF0399
そして、「今だけ×ここだけ×私たちだけ」 のかけ算をして、自分&子どもが「世界一、ワクワクする」まちづくり活動を生み出し、対象を意識して、どんな社会的課題の解決になるか考えました。
DSCF9808DSCF0436
A班:演劇、歌、体を動かすなどの特技を活かして、地域の銭湯で、親子で参加できるミュージカルを行う。もしくは逆転の発想で銭湯内にて運動会を行う。

銭湯を拠点に赤ちゃんから高校生、家族のコミュニティ育成をしていく。

B班:肥料作り、プレーパーク、サッカーなどの特技を活かして、サッカーボールの中に土と生ごみをいれたコンポストづくりをする。サッカー後に、各自、それを持ち帰るという環境スポーツイベント。

C班:歌を歌うことやアニメなどの特技、東映やアニメ文化のまちの特徴を活かした春のアニメソングのみのカラオケ大会「春だ!みんなでアニソンだ!」を行う。子どもたちや親世代がアニメソングを通じて多世代交流する。

D班:左官や写真、子育ての特技を活かして、銭湯(極楽湯)で、親子で土を塗り合い、写真を撮るイベントを開催。いろいろな色の土で、子どもはどろんこ遊び、大人は泥パックで美肌になるという遊び×健康イベント。 

E班:料理、子ども食堂(不登校)、情報発信、民生委員などの特技や地域の文化のアニメを活かして、オレたちの放課後レストラン“サンジのレシピ(アニメ)”を開催。孤食や経済的に貧困な小中学生を対象に、みんなで夕食を食べる居場所づくり。 

など、世界初の多様でワクワクなアイディアが出ました。 

まちづくりは課題を共有することは重要ですが、それ以上に自分たちや地域の人がワ
クワクして共感される活動を生み出すことがもっと重要だと考えています。

まちづくりの会議はそのワクワクに時間をかけるべき(ソリューションフォーカス)だと思います。

みんなで「今だけ×ここだけ×私たちだけ」による活動を生み出し、各地で世界一ワクワクなまちづくりをしましょう。

【主催】練馬まちづくりセンター

6個の事業紹介
  1. 移動式子ども基地
  2. 子どもイベント
  3. 四季の感育学校
  4. 絵本 / キット
  5. まち学習 / 地域情報紙
  6. 講演 / セミナー / 研修
新しい記事
カテゴリー
過去の記事
特定非営利活動法人コドモ・ワカモノまちING事務所:〒252-0186 相模原市緑区牧野7890-5 tel/fax 042-684-9232 出張所:〒171-0052 東京都豊島区南長崎5-10-5
© 2021 Kodomo Wakamono Matching