ニュース&トピックス


11/2(土)~4(月祝)移動式子ども基地@神田スポーツ祭りイベント2013.10.30

11/2(土)~4(月祝)の3日間、神田スポーツ祭り2013に移動式子ども基地が出動します!
様々なイベントが開催されるこのお祭りに、ぜひ遊びにお越しください!

<神田スポーツ祭り2013>
スポーツ店のメッカ・神田スポーツ店街が催す、年に一度のスポーツ祭り
~東京名物・神田古本まつりと同時期開催~
神田カレーグランプリ( http://kanda-curry.com/ )やスキー場のブース出展、スポーツ店のお買い得市など、様々なイベントが開催されます。「子どものひろば」に移動式子ども基地が出動します。ぜひぜひ遊びにお越し下さい! 
☆イベント全体の詳細はこちら http://p.tl/vnY3

【日時】11/2(土)、3(日)、4(月祝) 11:00~17:00(移動式子ども基地開催日時)
          ※雨天決行、荒天中止
          ※各イベントにより開催時間が異なるため詳細はHP http://p.tl/vnY3 をご参照下さい
【場所】千代田区小川広場 特設会場(神田小川町3-6) 
    最寄り駅:都営新宿線神保町駅・小川町駅、東京メトロ丸の内線淡路町駅、千代田線新御茶ノ水駅、JR線お茶の水駅 地図はこちら http://yahoo.jp/vl28Ea

 【内容】親子で楽しめる子ども基地。革を使ったクラフト体験や巨大コリントや昔遊び、こっぱつみきなど、いろいろな遊びをします!!
【参加費】無料
【申し込み】不要
【主催】神田スポーツ店連絡協議会


11/3(日)絵本づくり&移動式子ども基地~江戸文化あそび~@淡路町ワテラスイベント2013.10.30

 11/3(日)の午後、下記時間帯に、御茶ノ水駅からすぐの高層タワーワテラスにて下記の2つのイベントを開催します☆皆さまぜひ遊びにお越しください!
※14:00~の絵本づくりのみ、事前申し込みが必要となりますのでご注意ください。

★移動式子ども基地★
【日時】11/3(日) 13:00~16:00
【場所】WATERRAS(ワテラス)広場 千代田区神田淡路町2丁目
(最寄駅:新御茶ノ水駅、淡路町駅、小川町駅、御茶ノ水駅、JR秋葉原駅)
地図:http://www.yasuda-re.co.jp/waterras/access/

【内容】子ども基地(ビー玉流し、積み木、革を使った自由工作)に加え、紋切あそび、羽子板、弓矢、コマ・けん玉などなど、文化の日らしく昔からある色んな遊びが勢揃いします。
【参加費】無料
【申し込み】不要

★世界でたった一つの絵本づくり(※申し込み必要)★
【日時】11/3(日) 14:00~16:00
【場所】WATERRAS(ワテラス)レジデンス21階キッズルーム
※子ども基地会場と同住所です。集合場所等の詳細については、お申込みいただいた方にご連絡します。

【内容】絵が好きな人はもちろん、絵が描けなくても大丈夫!むしろその方が面白いものができるかも!?手形スタンプや紋切り、紐など偶然できた模様や形を活かし、世界でたった一つの親子絵本をつくりましょう☆
【参加費】無料
【定員】20名(10組程度)
【対象】幼児~小学校低学年とその家族 ※保護者の方もご一緒にご参加ください
【持ち物】思い出の写真(可能であればご持参ください。無くてもご参加いただけます)
【申し込み先】ワテラスコモン
【申し込み方法】名前・住所・連絡先・お子様の年齢・ご参加される方の人数(お子様と、同伴される保護者の方の総数)を記載の上、info@waterrascommon.com  まで、メールにてお申し込みください。
【問い合わせ先】ワテラスコモン 電話番号:03-5294-6300(平日11:00~18:00)IMG_0993

【主催】一般社団法人 淡路エリアマネジメント、NPO法人コドモ・ワカモノまちing


11/9(土)「子どもと映画」企画をつくる!WSイベント2013.10.29

 11/9(土)シネマ・マネジメント・ワークショップ2013特別公開講座
  1日で学べる!「子どもと映画」企画をつくる!

代表星野(カービー)が講演&コメンテーターとして話します。 「子どもイベント」の企画・運営・集客の成功ノウハウを伝えまーす。 こどもの参画のポイント、ONLY ONEをつくるには?共楽・共有・共働、 価値の視覚化と情報発信、他団体(異場所)コラボ・・・など ぜひお越しください。

■イベント情報はこちら http://jc3.jp/news/2013/10/-119.html
■チラシはこちら http://jc3.jp/news/updata/kodomo_chirashi.pdf
===================== 以下、転送

1日で学べる!「子どもと映画」企画をつくる! このたびコミュニティシネマセンターでは、地域の映像文化を担うことができる人材を育成するための講座「シネマ・マネジメント・ワークショップ」の特別公開講座として、11月9日(土)に、<1日で学べる!「こどもと映画」企画をつくる> を開催することとなりました。

子どもに特化した映画プログラミングの知識を学び、ネットワークを作る貴重な機会です。子ども向けの映画上映会を企画される方や、映画を使ったワークショップにご興味をお持ちの方、ぜひご参加ください。

子どもたちに映画の楽しさ、素晴らしさを伝えたい、子どもを対象にした映画上映会を企画してみたいけれど、どうすればいいんだろう。どうやって映画を選び、誰と上映権の交渉をし、どのように告知活動をしたらよいのか。幼児から高校生まで幅広い「子ども」を対象とした企画で既に実績のある映画関係者、子どもイベントの専門家を招き、具体的な事例を紹介しながら、子どもたちに映画の魅力を伝え、楽しく映画を見る機会を作る方法を学ぶ講座です。

■日時:11月9日(土)13:00-17:30
■場所:映画美学校(渋谷・文化村前交差点左折)
■定員:20人 (先着順)
■参加費:3500円 ※当日会場でお支払下さい。
■講義・ワークショップ内容  
1)子どもたちと遊び、学び、まちをつくる活動について・・・星野諭さん
2)金沢シネモンド こども映画教室の活動について・・・土肥悦子さん  
3)川崎市アートセンター・・・「放課後シアター」など活動実績と今後の計画  
4)シネマ尾道・・・「高校生のための映画館」など活動実績と今後の計画  
5)映画の上映について・・・配給会社との交渉や必要な上映設備など  
6)企画立案ワークショップ・・・実際に上映会を企画します

 やってみることで気が付くことが多数あります(講評つき)

■申込み・お問合せ
下記必要事項をご記入の上、メールまたは、ファックスにてお申込みください。  
メール:film@jc3.jp   ファックス:03-3461-0760  
申し込み締め切り:2013年11月1日
(※定員に達した場合は、11月1日以前でも、締め切ることがあります。)

 


日本女子大「家政学部賞」講演会活動報告2013.10.24

日時:2013年10月24日(木)13:30~15:30
場所:日本女子大学(文京区)

NPO法人コドモ・ワカモノまちingが、第6回日本女子大「家政学部賞」に選ばれ 、
授賞式への参加と記念講演会を行ってきました。

この賞は、家庭生活や生活環境に関わる諸問題を自然科学的・人文科学的・社会科学的に探求し、
人類の福祉に広く貢献する個人および団体の活動を奨励することを目的として、
2008年に創設されました。
対象は国内外の個人および団体(会社・グループ)で、毎年数名が受賞しています。
今年は、岩村暢子さん(200Xファミリーデザイン室室長)
NPO法人「育て上げ」ネットさんと当団体のの3団体が受賞しました。 http://www.jwu.ac.jp/unv/home_economics/awrd_home_economics.html
1 2
講演会では、 大切にしていることや活動紹介、子ども・若者の活躍ぶり、
そして「過去・今・未来」について話しました。

「地球は未来の子どもたちから借りている」 インディアンは7世代先をみて生きている。
先人に感謝。そして、未来にも感謝。 長い時間を考えるといろんなことが見えてきます。

おじぃちゃんもおばぁちゃんも、おばちゃんもおじちゃんも、 おにぃちゃんもおねぇちゃんも、
赤ちゃんも・・・ 私たちは、みんな同じ時代を生きている仲間。

7世代先の子どもたちが、今の私たちの時代に「ありがとう」と 言ってもらえるだろうか?


キッズレザープログラム研修@栃木レザー工場活動報告2013.10.23

IMG_3146  20131023KLP WS4

日時:2013年10月23日(水) 14:30~17:00
場所:栃木県・栃木市

キッズレザープログラムの一環で革についてより知識を深めるため、
定期的に研修を行っています。
皮革産業連合会さまのご協力の元、今回は皮を革に鞣(なめ)す(皮から革に変える工程を鞣しと言います)栃木レザー株式会社さまの見学に行きました。

私たちにもとても身近な革製品ですが、革になるまでだけでもたくさんの方々の
努力や知恵や工夫がありました。

鞣(なめ)される前の皮をじっくりと水洗い・脱毛し、
樹皮のタンニンを使っておよそ1ヶ月浸けることで、私たちに身近な革へと変わっていきます。
その後乾燥させて、厚さを整えたり、色付けを行ったり、伸ばしたりと
その仕上がるまでの工程はなんと20工程もあるとのことでした。

人それぞれ個性があるように皮一つひとつにも違いがあり、
その一つ一つを職人さん方の経験から見極めていきます。
こうしてそれぞれの工程にはそれぞれの職人さんがおり、
たくさんの努力があって、革は出来上がります。
一手間一手間を惜しまないその情熱が日本でも最高峰の品質の革へと導いています。

古くから伝わるその技術や伝統がずっと続いていくと嬉しいですね。
ぜひみなさんも身近な革についてその温かみを感じてほしいと思います。
また、見学をさせていただいた栃木レザーのみなさま、
貴重なお時間を割いていただきありがとうございました。

 

キッズレザープログラムについてはコチラ↓↓
KLPバナー


里守セミナー@湯島活動報告2013.10.19

日時:2013年10月19日  18:00~21:00
場所:湯島地域活動センター

公益財団法人 電通育英会からの助成金をもとに実施している関東圏の大学生を対象とした人財育成プログラム、
「里守プロジェクト」の第1回後期セミナーを開催しました。
この日は9月9日~13日まで長野県伊那市高遠町の限界集落で行った里守キャンプの振り返りをしました。
DSC_1023
現地キャンプ場には電気や下水もないため、火を起こし、排泄物はコンポストトイレで堆肥にし、
お風呂は川の水をひき2時間かけて薪で沸かし、
排水は小川に直接流れ込むため使った食器は最後まで綺麗に食べたり古布で拭き取ってから洗いました。
そんな5日間の活動で感じたことや、東京に戻ってきてから変わったこと、
やっていること、今後もっと学びたいことなどをグループ毎に話し合ってもらいシェアしました。

【東京での生活で変わったこと】
・無駄使いをなくすため、あるモノを使うようになった
・生ごみを減らすため野菜は皮まで使うようになった
・古布で皿を拭くようになった
・週に1度は必ず自然と触れ合う時間をとるようになった
・不便の中にある幸せを感じるようになった
など

【今後もっと学びたいこと】
・火の起こし方をもっと学びたい
・動物のさばき方を学びたい
・自然農を学びたい
・いらなくなった服の使い道を考えたい
などなど

ここには書き切れない多くのことを感じ、それを言葉にしてくれました。
残り3回の後期セミナーには多様なテーマで講師をお招きし、
感じる力、繋がる力、創造する力、グローカルな視点の育成を通して、
今の日本と本来の豊かさを見つめ、新たな日本を担う若者の育成を行っていきます。

 


移動式子ども基地@三世代したまち遊び活動報告2013.10.19

20131019根津千駄木下町まつり  20131019根津千駄木下町まつり2 

日時:2013年10月19日(土) 11:00~16:00
場所:文京区・根津藍染大通り

根津・千駄木まつりの藍染大通り会場に移動式子ども基地が出動しました。
ベーゴマやコマあそび、竹とんぼやけん玉、革クラフト、コリントあそび、こっぱつみ木、リズム楽器あそび、チョーク落書きをしました。
同じ会場ではウクレレのコンサートや和太鼓、かっぽれなども楽しめ、とても賑やかな一日でした。
肌寒い中でしたが、たくさんの方に来ていただき、世代を超えて交流できました。


まち学習@神田活動報告2013.10.19

日時:11月19日(土)14:00~17:00
場所:ECOM駿河台~神田錦町「更科」

三井住友海上保険(株)さんと連携し、
神田界隈で親子向けのまち学習「江戸探検ワークショップ」を開催しました。
神田のまちの歴史や秘密を解き明かしながら進むクイズラリーまち歩きです。
更に今回は創業140年の老舗そば屋神田錦町「更科」さんともコラボ☆
三井住友海上保険さんがこの秋始める屋上菜園でハツカダイコンなどをみんなで収穫し、
それを更科さんに調理して頂きお蕎麦と共に頂くという、
東京の真ん中で地産地消を目指す新しい試みもスタート♪

1382927293139   1382927317677
クイズでは御茶ノ水~神保町界隈に、
古本屋・喫茶店・スポーツ店・カレー屋さんが多い理由や、
神田に数多く残る稲荷神社に込められたまちの想いなど、
神田の様々な顔に子どもたちも親御さんも驚きの連続!
最後はゴールの更科さんで神田の歴史・文化であるお蕎麦に舌鼓を打ちながら、
ご店主の堀井さんから江戸前の粋やまちの歴史をお聞きしました。

1382927324508  1382927332519
目には見えないまちの歴史や文化、秘密を伝えていくことで、
まちの過去・今・未来のご縁を紡いでいきます。
子どもたちがまちに興味をもち、好きになり、次の担い手になっていく。
そのキッカケをこれからも作っていきたいです。


パパサロン「食」@3331活動報告2013.10.19

日時:2013年10月19日(土) 10:00~12:00
場所:3331 Arts Chiyoda(千代田区外神田)

千代田区在住・在勤のパパと幼児を対象にして、
月1回パパサロンを千代田区社会福祉協議会と共に開催しています。 

今回のテーマは「食」
パパ&子で感育料理教室として、
白玉づくりと蒸し芋(サツマイモ)を作り、食べました。
[感育=あらゆる感覚とつかって、感動・感性・感謝の心を育む]

あらゆる感覚をつかって白玉粉を感じ、サツマイモさんとお話するあそびや
米クイズ、測り器を使わないはかり方(手作り天秤づくりや指感覚)を説明しました。
白玉は、サツマイモを練り混ぜてつくったり、砂糖を使わない麦芽米あめで食べました。

1
2 

また、日本人としての食生活や米・味噌汁(発酵食品)の大切さ、過去・今・未来の食、
子どもと大人の食の違い、子どもに与えすぎることは奪うことなどをお話しました。

さらにカロリーや栄養だけでない、手作りの意味やハートのつぶつぶ(愛)、
本来の食の幸せについて話しました。 

次回は、11月30日(土)10時~「世界でたった一つの親子絵本づくり」です。


防災訓練(講演会&ワークショップ)@鎌倉活動報告2013.10.18

日時:2013年10月19日(土) 11:00~16:00
場所:鎌倉第一中学校(神奈川県)

鎌倉第一中学校で全校8クラス約220人と教師、
地域の方々を対象に防災訓練(講演会&ワークショップ)を行いました。 

全体のねらいは、
①自分と家族の命、地域を守るための意識づくりと備えの大事さを実感すること
②避難所設営に備えて、自分たちで何ができるか考え実践方法を学ぶこと。でした。

体育館では、代表星野(かーびー)が午前・午後と2回講演会を行い、
各教室では大学生が中心となって避難所体験ワークショップを開催しました。 

講演では「生きぬく力とは、0次・1次・2次の備え、自助・共助、防災あそび、
防災サバイバル、避難所体験談、震災復興活動、過去・今・未来、命など」を話しました。
DSCF4682
避難所体験ワークショップでは、
「衣」「食」「住」「トイレ」の体験企画があり、
新聞紙をつかった防寒やスリッパづくり、非常食の試食やルールづくり、
ダンボールパーティションづくり、1畳2人宿泊シュミレーション、
様々な非常用トイレの体験を行いました。
1Q5ZJ0_78_5a97aafe9f_resource_0000k7Jdv1i7Wu[2]
1Q5ZJ0_62_8dda38db17_resource_0000k7JdsUh89m[2] 
1Q5ZJ0_86_4b536176a0_resource_0000k7JdvRFeKI[2]
さらに地域の方向けには、石巻からにじいろくれよんの柴田さんに来ていただき、
地震体験や避難の時の様子、避難所での暮らし
(ルール・生活・情報・インフラ)など
時系列で事細かにお話していただきました。 

協働団体:中外製薬、関東学院大学

6個の事業紹介
  1. 移動式子ども基地
  2. 子どもイベント
  3. 四季の感育学校
  4. 絵本 / キット
  5. まち学習 / 地域情報紙
  6. 講演 / セミナー / 研修
新しい記事
カテゴリー
過去の記事
特定非営利活動法人コドモ・ワカモノまちING事務所:〒252-0186 相模原市緑区牧野7890-5 tel/fax 042-684-9232 出張所:〒171-0052 東京都豊島区南長崎5-10-5
© 2018 Kodomo Wakamono Matching