活動報告


「子育ち」映画上映&トークショー@淡路町ワテラス活動報告2014.08.31

DSC_0497
日時:2014年8月31日(日) 13:30~16:00
場所:千代田区神田淡路町・ワテラスホール

毎月開催中の移動式子ども基地@ワテラス!!
今回は室内ホールでの実施となりました。
全国に芽生え始めた様々な保育のかたちを追った
ドキュメンタリー映画『こどもこそミライ-まだ見ぬ保育の世界-』と、
講師にNPO法人いきはぐ の征矢里沙さんをお招きしたトークショーに加え、
子どもたちの遊び場をホール内で行いました。

DSC_0501 DSC_0506
竹あそびをテーマにパパサロンも同時開催した遊び場では、
竹はし作りやつみ木遊び、巨大コリント遊びを行いました。
子どもたちが目の届く距離で遊びに夢中になっているおかげで、
お母さん・お父さんも安心して映画を観られていました。

DSC_0508
イベント終了後も多くの参加者が征矢さんを囲み、
悩みや想いを他の参加者とともにシェアしていました。
あるようでまだまだ少ないパパママが主役だけど、
子どもたちも一緒にいられるイベント。
今後も様々な方とコラボしながら実施していければと思います。

みなさんありがとうございましたー☆


ワークショップコレクション10@渋谷活動報告2014.08.30

IMAG0269
【日時】8/29(金)11:00~17:00
    8/30(土)10:00~17:00
【会場】青山学院大学青山キャンパス(東京都渋谷区渋谷4-4-25)中庭
青山学院大学青山キャンパスにて、約100のワークショップが実施されたこども創作イベント「ワークショップコレクション10」が開催され、コドモ・ワカモノまちingでは、移動式子ども基地による遊びの出前と、革を使った自由創作ワークショップを実施しました。

たくさんの子どもたちが、移動式子ども基地で感性全開で遊んでくれました。
竹の流しビー玉や楽器遊びは大盛況!ベーゴマやけん玉などの昔遊びは、子どもたちだけでなくパパママやおじいちゃんおばあちゃんも楽しんでくれました。

革のワークショップも、行列ができるほどの大人気!リボンやストラップ、ペン縦やブレスレット、ネームタグなど、子どもたちそれぞれの個性が光る可愛い革小物を作ってくれていました。
ヘビやワニ、エイやダチョウ、オットセイやヤギ、ヒツジなどの珍しい動物の革の展示も、興味津々で見学してくれました。

ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました!

【主催】NPO法人CANVAS


【参加者募集】9/6(土)怖いもんツアー@神田イベント2014.08.27

10626512_694471157303180_3958743852191423111_n
神田技芸祭14」 の一環として、9/6(土)午後に「怖いもんツアー~親子編~」を実施します。神田一?面白い神田っ子の「くまさん」がガイドし、当団体の星野(かーびー)も同行します。皆さまぜひご参加ください。
※こちらのイベントは事前申し込み制となりますので、下記詳細をご覧の上お申し込みをお願いします。
<怖いもんツアー~親子編~>
神田のカリスマガイドとドキドキ町探険!学校では教えないあんなコト、そんなコト、こんなコト。」神田の妖怪&神話伝説を巡るガイドツアー!神田のカリスマガイドとドキドキ町探険!御茶ノ水駅から神田駅まで、路地や坂、老舗街やお稲荷さんなど神田のパワースポットを巡り、ちょっと怖い妖怪や神話伝説を紹介します。
【日時】9/6(土)14:00~15:30
【集合】14時 JR御茶ノ水駅聖橋口 前(サンクレール広場)
【参加費】無料
【定員】15名(先着順・定員達し次第、締切らせて頂きます。)
【ガイド】くまさん(田熊 清德 氏) (千代田区観光協会理事、神田鎌倉町会)
【申し込み】参加日・氏名・年齢・連絡先(メール、ご連絡のつくお電話番号)を記入の上、9/4(木)までに下記アドレスまでご連絡ください。
entry@kanko-chiyoda.jp (千代田区観光協会)
※携帯電話のメールによるお申込みはご遠慮ください。メールが届かない場合があります。
※原則、キャンセルができません。ご了承ください。
【主催】出世不動通り商店会

 


NHK防災パーク2014@NHK放送センター活動報告2014.08.24

DSC_0400
日時:8月23日(土)~24日(日)10:00~16:00
場所:渋谷NHK放送センター

今年も渋谷NHK放送センターにて防災パーク2014が開催されました☆
雨模様のなかでのスタートとなりましたが、
2日間で約15000人の方々にご来場頂けました。
まちingがコーディネートする160名のボランティアさんも、
20以上のコンテンツに入り、1日目の雨の中を、
2日目の暑さの中を、一生懸命に頑張ってくれました。

DSC_0361
どんなに大きな災害も、小さな災害も、失われる命の重さに変わりはなく、
誰もが自分の身を自分で守ることが出来たら、
被災者全員が命を失わずに済む。
自分の身を自分で守ることが出来る人が増えれば、
身近な人を助けられる人が増える。
防災をもっと身近にするために、”もしも”から”いつも”へ。
子どもたちにとっていつもの日常である「遊び」を通して防災を伝えました。

DSC_0366
一人でも多くの子どもたちと、
親御さんにそんな想いが伝わってくれていたら嬉しいです。

10628399_658948374201331_5417365247686109202_n


8/29(金)30(土)ワークショップコレクション@渋谷イベント2014.08.19

8/29(金)30(土)の2日間、青山学院大学青山キャンパスにて、約100のワークショップが開催されるこども創作イベント「ワークショップコレクション」が開催されます。コドモ・ワカモノまちingでは、移動式子ども基地による遊びの出前と、革を使った自由創作ワークショップを実施します。皆さまぜひ遊びにお越しください!

<こどものためのワークショップ博覧会 ワークショップコレクション>
「ワークショップコレクション」は、こどもたちの創造力・表現力を刺激するクリエイティブ・ワークショップの全国普及と発展を目的としたプロジェクトです。全国から子ども向けのワークショップが一堂に会し、沢山のこどもたちが来場するイベントです!
詳細はこちら  

【日時】8/29(金)11:00~17:00
    8/30(土)10:00~17:00
【会場】青山学院大学青山キャンパス(東京都渋谷区渋谷4-4-25)中庭
【最寄駅】JR山手線、JR埼京線、東急線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線 他「渋谷駅」より徒歩10分、東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」より徒歩5分

【内容】「移動式子ども基地でエコ遊び&ネイチャークラフト」
木や革、竹、布、絵本・紙芝居、世界の楽器、昔遊びのおもちゃ、オリジナル遊具などたくさんの遊び道具が載った子ども基地トラックが出動!竹を組み合わせてビー玉を転がして遊んだり、いろいろな楽器で音遊びをしよう!革のハギレをつかった小物づくりではみんなの創造力でとっても素敵な作品に大変身!

【参加費】無料 ※当団体実施のワークショップ参加費は無料ですが、他団体出展のワークショップによっては有料のものもございますので前述の詳細よりご確認ください。

【主催】NPO法人CANVAS


妖怪ワークショップ@万世橋活動報告2014.08.17

 妖怪WS

日時:2014年8月14日(木)~17日(日)
場所:マーチエキュート神田万世橋

8/14~8/17の4日間、マーチエキュート神田万世橋にて妖怪ワークショップを開催しました。
今回は「妖怪」をテーマに4日間いろいろな素材や道具を使ってワークショップを行いました。

初日は「ダンボール妖怪アート」
140819_141353 -c
ダンボールアーティストたまちゃんの協力の下、ダンボールで妖怪をつくりました。
ダンボールは水で濡らして柔らかくし、ボンドで貼っていきます。
乾けば立体の作品が出来上がります。
ダンボールを自在に変身させてしまうダンボールアートは子どもたちにも大人気でした。
P1230249

2日目は「こっぱ妖怪アート」
枝や角材のこっぱを使って自由に妖怪をつくりました。
こっぱ妖怪
目と舌をつけるだけでもかわいい妖怪に変身!
へびの妖怪や電車の妖怪などいろいろな妖怪が生まれました。
みんなでつくった木の妖怪も不思議な空間を演出していました。
こっぱ妖怪クラフト (3)

3日目は「革妖怪アート」
革のハギレもいろいろな妖怪に変身しました。
革妖怪
ハギレの形がそのまま妖怪に変わったり、人気の妖怪キャラクターをつくる子がいたり、
目玉がたくさん、顔がたくさんの妖怪も現れました。
自由な発想で遊びながら不思議な妖怪空間となりました。

最終日は「マスキングカラー妖怪アート」

建築学生団体♭(フラット)のみんなとのコラボアートでした。
描いてはがせる絵の具「マスキングカラー」をつかって、
絵の具パーツを貼りあわせて自由に妖怪をつくったり、みんなでひらがな妖怪を描きました。
140817_170834 140817_170858
乾けばお家の窓や冷蔵庫などにも貼ることができます。
描かれた妖怪たちは棲家を移し、お家の中でも一緒に遊べます。

思いもかけない幸せが訪れることを
「モッケノサイワイ(勿怪の幸い)」と言います。
この言葉の由来はもともと、物の怪(妖怪)たちがもたらす幸福のこと、と言われています。
近々幸せが訪れるようなら、今回みんながつくった妖怪たちがもたらしてくれたものかもしれませんね。


8/23(土)~24(日)NHK防災パーク2014@NHK放送センターイベント2014.08.15

IMG_3603 DSCF1543
8/23(土)24(日)に、NHK放送センターにて防災パーク2014が開催されます。
来場者が2日間で1万5千人という大規模な防災イベントで、親子で楽しみながら防災を感じ、学べる体験ブースが目白押しです。みんなの憧れハイパーレスキュー隊や消防車、はしご車などの働く車も10台近く登場します!どうぞご家族みなさんでお越しください。
自分を守る、家族を守る、そして地域を守る、ということを真剣に考える1日を共に過ごしましょう!
☆詳細はこちら 防災パーク2014公式ホームページ 

<防災パーク2014~「もしも」に備える「いつも」の防災~>
【日時】8/23(土)~24(日)10:00~16:00 ※雨天決行です。
【場所】NHK放送センター内特設会場(最寄り駅:渋谷駅、原宿駅、明治神宮前駅、代々木公園駅)
【参加費】無料
【申し込み】不要
【内容】いざという時の防災・減災について、子どもから大人まで体験しながら学べるイベント。当団体は、そのうち約20のコンテンツを消防士さんや警察官さんとコラボしながら企画運営します。
~主なブース~
〈キッズ消防体験〉準備体操、任務付与、ミニ防災衣着装、ポンプ積載者乗車、放水…一連の任務を体験して子ども消防隊になろう!
〈自分を守る防災ジャンケン〉全身を使うジャンケンを通して災害時の身の守りかたを学ぼう!
〈救助・救出体験〉力を合わせてガレキを取り除き、埋もれた人形をタンカで運び出す救助・救出体験!…などなどなど盛りだくさん!
【主催】NHK、NHKプロモーション、渋谷区、東京消防庁渋谷消防署、警視庁代々木警察署

 


8/14(木)~17(日)妖怪ワークショップ@神田万世橋イベント2014.08.14

8/14(木)~17(日)の4日間、マーチエキュート神田万世橋にて妖怪制作ワークショップを開催します。
ワークショップは4日間全て違う内容となっております。また、「マーチエキュートで遊ぶ夏2014」とし会場では様々な企画が開催されておりますので、詳細をご覧の上ご家族皆さまでぜひ遊びにお越しください。
詳細はこちら
<モッケノサイワイ~夏の妖怪物産展~@マーチエキュート神田万世橋>
ダンボール、こっぱ、革、マスキングカラーで妖怪をつくります。新たな妖怪を生み出したり、会場をにぎわす協働アート作品を作ったり、子どもたちの感性を活かしたワークショップを行います。詳細はこちら
【日時】
・8/14(木)13:00-16:30 ダンボールで妖怪をつくろう ~ダンボール造形作家たまちゃんと一緒に~』
・8/15(金)13:00-16:30『妖怪×こっぱクラフト』
・8/16(土)13:00-16:30『革ハギレで自由に妖怪をつくろう』
・8/17(日)14:30-17:00『描いてはがせるお絵かき妖怪アート』
【会場】 マーチエキュート神田万世橋 (千代田区神田須田町 1-25-4)イベントスペース「佇マイ」 N6 区画
【参加費】無料
【申し込み】不要


四季の感育学校in妙高2014夏編~里山の知恵を感じ学ぶ 3泊4日の夏山キャンプ~活動報告2014.08.12

12-IMGP1609

日時:2014年8月8日(金)~11日(月)
場所:新潟県妙高市・国立妙高青少年自然の家

新潟・妙高にて夏の感育学校を開催しました。
四季の感育学校では自然体験や文化・交流体験を通じて感動・感性・感謝の心を育みます。
この夏は里山の知恵を学ぶ4日間。
天候の影響もあり、内容の変更もありましたが、
地元の森林組合さんと一緒に森と暮らしの知恵を感じる林業体験や、地元のおかあちゃんたちとつくる妙高ののっぺが入った夏のお弁当づくりをし、夏の植物で草木染めや、おむすびづくり、竹箸づくり、石けんづくりもしました。
雨のため外に出られる時間は限られてしまいましたが、みんなで土絵の具で願い事を描いて、キャンドルを灯しながらみんなで願い・夢を語り合ったり、風を活かして凧づくり・凧あげもしました。

天気も見方につける元気な子どもたちと大地や命のつながりを感じながら、感動の4日間となりました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!


防災実験教室「秘伝サバイバル術を体得せよ」@青梅活動報告2014.08.02

1407128203446
日時:8月2日(土)14:00~16:00
場所:青梅市釜の淵市民館

青梅市の小学生(1~6年生)を対象に防災×理科実験のワークショップを開催しました。
実験を通して防災を楽しく学ぶという本講座では、
「災害時のトイレ」「避難所の明かり」「建物の構造」という3テーマに取り組んでみました。

実験「災害時のトイレ」では、トイレの重要性と仮設トイレの詰まり易さを、
色んな紙(トイレットペーパー、ポケットティッシュなど)の水への溶けやすさを観てもらいました☆

実験「避難所の明かり」では、避難所生活におけるライトの重要性を伝えるとともに、
単三電池と身の周りの様々な金属で単一電池使用のライトを点けたり、
通常の懐中電灯とペットボトルを使いランタンを作ったりする防災サバイバル術を伝えました♪

大人気「建物の構造」では、クリップとストローを使いお家をつくり、
筋交い(すじかい)や免震といった建物を地震の揺れから強くする工夫を学びました!
1407128210107
実際の災害時において非常に有効な知恵やサバイバル術を子どもたちに伝えることができました。
50名近い親子にご参加頂きましたが、
実験を通してみなさん楽しみながら防災に触れてもらえたようです。
単に知識として伝えるだけではなく、防災を体験・体感・体得させる取組みが大切ですね。
今後もこういった活動を広げていきたいです。

6個の事業紹介
  1. 移動式子ども基地
  2. 子どもイベント
  3. 四季の感育学校
  4. 絵本 / キット
  5. まち学習 / 地域情報紙
  6. 講演 / セミナー / 研修
新しい記事
カテゴリー
過去の記事
特定非営利活動法人コドモ・ワカモノまちING事務所:〒252-0186 相模原市緑区牧野7890-5 tel/fax 042-684-9232 出張所:〒171-0052 東京都豊島区南長崎5-10-5
© 2018 Kodomo Wakamono Matching