ニュース&トピックス


11/1(土)~3(月祝)移動式子ども基地@神田スポーツ祭りイベント2014.10.28

<神田スポーツ祭り2014>
1383727748138

スポーツ店のメッカ・神田スポーツ店街が催す、年に一度のスポーツ祭り。
スキー場のブース出展、スポーツ店のお買い得市、お楽しみ抽選会など、様々なイベントが開催されます。「子供のひろば」に移動式子ども基地が出動します。ぜひぜひ遊びにお越し下さい!
☆イベント全体の詳細はこちら

【日時】11/1(土)、2(日)、3(月祝) 11:00~17:00(移動式子ども基地開催日時)
          ※雨天決行、荒天中止
          ※各イベントにより開催時間が異なるため詳細はHPをご参照下さい
【場所】千代田区小川広場 特設会場(神田小川町3-6) 
    最寄り駅:都営新宿線神保町駅・小川町駅、東京メトロ丸の内線淡路町駅、千代田線新御
    茶ノ水駅、JR線お茶の水駅 地図はこちら 
【内容】親子で楽しめる子ども基地。巨大コリントや昔遊びなど、いろいろな遊びをします!
【参加費】無料
【申し込み】不要
【主催】神田スポーツ店連絡協議会

 


藍染こども広場@根津活動報告2014.10.26

DSC_1136
日時:2014年10月26日(日)13:00~15:00
場所:文京区・根津藍染大通り

月1回地域のパパママと協力して定期開催中の藍染こども広場☆
通りを中心に、遊びを通して地域を繋いでいく取組みです。
今回は平成5年から続く谷中・根津・千駄木を中心にまちじゅうを展覧会場に変える芸工展の会期中ということで、
道路を白ガムテープだけを使いアート空間に変えてしまうコドモあいらんださんとのコラボ実施でした☆

DSC_1141 DSC_1146
子どもも大人も若者も、たくさんの人が白ガムテープ一つで様々なものを道路に描いていました。
大きな魚から恐竜、オナラの元のガスまで、子どもたちの自由な発想が道路を埋め尽くします。
最後はみんなでガムテープをはがして巨大なボールをつくり片づけまでみんなで楽しみながらできました。
お馴染みまちingの巨大竹コリントも大人気でした♪

DSC_1145 DSC_1152
片づけが終わったちょうど夕暮れ時の藍染通りでは、
その日初めてあった子ども達と大学生たちがバレーボールをしてました。
道と遊びを通してみんなが自然と繋がっていく。何だか良い景色でした。
来て下さったみなさん、ありがとうございましたー!!
DSC_1153
次回は11/23(日)13:00~15:00です!!お楽しみに~☆


就業・起業塾 in HOKKAIDO@余市活動報告2014.10.23

【日時】10/22 10:00~16:30

【場所】北海道余市(川室記念病院体育館) 

 

北海道総合政策部地域づくり支援局主催の「就業・起業塾 in HOKKAIDO」

人材育成セミナー「体験・起業編」として、余市の余市ハル農園でコミュニティビジネス研修してきました。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/ckk/shuuraku/ganbaru_hitozukuri/top.htm#tokachi

 

参加者は、北海道で就業もしくは起業したい方々で、それぞれ学んだり、

働いたりしてきた環境はまったく異なり、目的もいろいろです。

非常に難しい条件でしたが、「やりたいを仕事にしよう!可能性は∞だぜ!」をテーマに

固定観念をとり、自分の内なる気持ちを感じ、「強み」や「ご縁」、「地域資源」などを掛け算すると

だれでもONLYONEの活動やコミュニティビジネスを生むことはできます。

午前中は、CB起業のコツ講座と自分(たち)を感じるワークを行い、

午後は、クリエイト・トレーニング&ワークショップと事業プランづくりを行いました。

参加者のアンケートには「普段考えていることを見える化することができた」

「可能性を広げる方法を教えていただいた」「企業では教わらない発想法だった」と好評でうれしかったです。

朝の外の気温は3度と寒かったですが、窓から見える広い空と農園、斜面にヤギと、

素敵なエコビレッジで研修できて幸せでした。

次回は、11月7日十勝で実施します。ぜひ、お越しください!!

DSC_0759

DSC_0768

DSC_0736

DSC_0730


根室市みらいの地域マスター研修@足寄町活動報告2014.10.12

【10.12北海道】2014.9.30
日時:10月12日(日)14:00~20:00
場所:北海道足寄町(あしょろちょう)

北海道根室市の教育委員会主催で行われた「みらいの地域マスター研修会」で、
根室市(1部は陸別町・本別町の子どもも参加)の小中高生を対象に、
日本の町の中で最大面積を誇る足寄町にて、講演会&ワークショップを実施してきました。

IMG_8403
第1部の講演では、弊団体が実践してきた移動式子ども基地などの地域活動で、
まちのヒト・モノ・コトの資源のかけ算で新しい価値を創造したり、
自分たちの好きや得意のかけ算で新しい価値を生んだりした事例を紹介しました。
子ども達にまちを知ってもらうこと、担い手を育んでいくことなど、
私たちが大切にしていることを感じてもらいました。
そして3.11震災復興支援活動で見てきた子どもたち、若者たちの無限の可能性を伝えました。

P1040984
第2部のワークショップでは、弊団体オリジナルの創作遊びづくりキットを使い、
頭の体操をした後、各グループで「今だけ×ここだけ×私たちだけ」のかけ算で、
【世界一ワクワクする根室を輝かせる活動】を考えてもらいました。
子どもたち、若者たちが自分の特技・趣味と、地域で素敵だと思う場所、
歴史や文化を掛け合わせ、春夏秋冬の季節ごとに考えていきます。

それぞれ限られた時間で本当に素晴らしいアイディアを出してくれました。
新たなロシアとの交流の形を目指したチームは、
北方領土でのロシアの人々とのピザなし交流の中で得意のスポーツを活かし、
目隠し運動会を実施することで言語を超えた交流を促すと共に、
春らしい桜やアイヌ民謡、そして根室名産によるおもてなしをする企画を考えてくれました。

DSC_1076
小学生低学年中心の最年少チームも頑張りました。
北海道のお年寄りが絶大な人気を誇るスポーツ・パークゴルフと、
子どもたちが好きなボーリングをかけ算した新たなスポーツ・パーリングを考案し、
スポーツを通した世代を超えた交流を企画してくれました。
更に根室の名産(サンマや花咲ガニ)を使ったおむすびを子どもたちが握り、

おもてなしするとのこと。提供する飲み物がオレンジジュースというのが、
子どもたちらしくてほっこりしましたが、
素晴らしい内容でした。

その他にも、根室人の優しさを巡る地図のないスタンプラリー企画や、
得意を活かし根室オリジナル楽曲&ダンスを制作し、
それを既存の秋イベント・産業フェスティバルで披露すると同時に、
東北と根室の海を繋げ・守るための募金活動を行うという企画など、
どれも今すぐやった方がいいよ!と思うような企画ばかりでした。

最後に私たちが大切にしている【感動=才能】の言葉を送りました。
これからもみんなの才能が根室で輝き、
根室がこれからもっとワクワクなまちになること祈っています。


11/2(日) みちのく潮風トレイル”街づくり編” @石巻イベント2014.10.09

環境省が主催する東北トレイル事業【みちのく潮風トレイル】の開通に合せ、
当団体では下記の1日限りのオリジナル・ツアーを連携実施します。
まちづくり、震災復興に興味がある方は奮ってご参加ください!!

『石巻 新しい街づくり 文化体験ツアー』 
【日時】11/2(日) 8:00~12:30
【場所】宮城県石巻市 中瀬公園(石ノ森漫画館横)
【内容】
石巻において新しいプロジェクトを展開している拠点を訪ね、
その取組みや石巻の街の魅力を伺います。また水辺の緑のプロムナードなどを巡り、
地元の方から直接と交流しながら、石巻の過去を知り、
そして復興からの新しい街づくり・文化づくりを体験します。
石巻の過去・今を感じ、未来を描くツアーです。
(拠点参照:ISHINOMAKI2.0、結日丸、Yahoo!石巻復興ベースなど)
2.0エクスカーション
<ガイド>
・松村豪太(まつむら ごうた)ISHINOMAKI2.0代表理事
石巻出身。仙台の大学に進学し法律を専門に学ぶ。卒業後は仙台で働いた後、
石巻に帰郷し、NPO法人石巻スポーツ振興サポートセンターのクラブマネジャーを務める。
震災後は仲間と「ISHINOMAKI2.0」を立ち上げ、さまざまな活動を始める。
ISHINOMAKI2.0代表理事、復興バーマスター、ラジオパーソナリティ、石巻経済新聞編集長など、
さまざまな肩書きを持つ。

・星野諭(ほしの さとる)コドモ・ワカモノまちing代表
新潟県出身。一級建築士。
2001年の学生時代に団体を設立し、空き家を改装した子ども基地や遊び場づくり、
環境デザインや地域イベントなどを実施。
2008年にNPO法人コドモ・ワカモノまちingを立ち上げ、
全国で遊び・建築・観光・教育・福祉・防災・環境・まちづくりなど多分野で活動中。
毎年10万人の子どもと関わり、1000名以上の若者と共に100以上の企業や団体と協働している。

【参加費】無料
【定員】40名
【申し込み】ホームページよりお申込み下さい
http://www.mst-io.com/
【申込み締切り】10月19日(日)17:00まで

1日(土)11:00~17:00にはオープニング・フェスティバルとして、
⇒石巻女川の生産加工者と共同開発した、オリジナル「道弁」の試作品発表
⇒旬の素材のあったかお鍋の無料ご提供
⇒みちのく潮風トレイルと地域の未来を考えるオープン・ラボ
⇒アウトドアメーカー(モンベルほか)による、トレイル・ファッションショー&ギア展示など、
さまざまな企画を実施予定です。こちらも合わせてご参加ください☆
企画全体の内容は下記URLからチラシをご覧下さい↓
http://www.env.go.jp/jishin/park-sanriku/trail/pdf/michinoku-trail-fes.pdf

 


10/26(日)藍染こども広場@根津イベント2014.10.09

感育
10/26(日)文京区根津の藍染大通りに移動式子ども基地が出動します☆
みなさまぜひ遊びにお越しください。

★移動式子ども基地★
【日時】10/26(日) 13:00~15:00
【場所】藍染大通り(文京区根津2丁目、根津神社入口の交差点を入った通りです)
          地図:http://p.tl/N-qU
     最寄駅:千代田線根津駅(徒歩4分)

【内容】移動式子ども基地による路上創作遊び
【参加費】無料
【申し込み】不要


はさ木フェスタ講演会@新潟県上越市活動報告2014.10.05

【日時】10/4(土)、5(日)13:30~14:30

【場所】新潟県上越市(川室記念病院体育館) 

 

第14回はさ木フェスタで講演をしてきました。

子ども・若者と一緒にまちづくり~3.11震災復興支援活動から学んだ豊かな未来~」

ということで

これまでの活動を通じて、子ども・若者の力を発信してきました。

 

雨が降り、寒い中、地域のおじいちゃんやおばぁちゃん、中学生や高校生、障がいや

病気のある方々など、沢山の方々が足を運んでくれました。

 

空き家を改装した子ども基地プロジェクトにはじまり、地域交流イベントや防災イベント、

移動式子ども基地による道遊びやまち遊び、遊び場づくりや環境デザインなどの事例紹介と

子ども・若者の活躍する様子やまちへの効果、過去・今・未来のつながりに加え、

3.11震災復興支援活動で体験したこと、聞いてきたこと、未来に引き継ぎたいことを話しました。

弟の命を守れなかった15歳のお兄ちゃんのお話や避難時の津波のエピソード

避難所での過酷な共同生活など、私が全身で感じてきたことをそのままを伝えました。

そして、命は1/1であり、「今を大切に生きてほしい」ということも訴えました。

 

何より、うれしかったのは、誰一人最後まで帰らず、じーっと目を見て聞いてくれたことです。

中には、涙を流しながら聞いてくれた方もいました。

これからも、防災や3.11の話は、全国各地で伝えていきたいです。

 

%259

 


子どものまち・いしのまき@宮城県石巻活動報告2014.10.05

1908434_712222668860373_2063419092615898570_n
【日時】10/4(土)、5(日)10:00~15:00
【場所】宮城県石巻市(寿町界隈) *石巻駅から徒歩10分

10/4(土)・5(日) 宮城県石巻のまちを舞台に開催された、「子どものまち・いしのまき2014」が終了しました☆天気も最後までもち、約1200人の親子にご参加頂きました。
5日(日)には封鎖した道路で老若男女が自由に集い遊べるストリートパーティも開催し、
まだお仕事が難しい幼児や親御さんも敷きつめた人工芝の上でのんびりと過ごせました♪

DSC_1010 DSC_0977
2012年に震災後の石巻を盛り上げようと、
子どもの手による子どものための企画としてスタートしたこのイベントも3回目を迎えました。
今年も地域住民をはじめ、商店街やまちの各施設、石巻で活動する約20の団体、
そして地元の中高生ボランティアさんたちと協力し開催に至りました。
子ども達のまちとなったまちの商店・空き地・駐車場等では、
ファッションデザイナー、モデル、カメラマン、大工、革職人など様々な仕事についた子どもたちが、
キラキラした瞳で一生懸命に働いていました。
DSC_0945 DSC_1055
事前から会議にも参加し、本番まで一緒に頑張ってきた子ども店長たちは特に大活躍でした。
お店にやってきた子に仕事をふり、内容を説明し、時には街頭に出て自分で求人をしました。
お店のレイアウトは営業中もつねに改善し続け、声を張り制作物を販売もしていました。
午前中よりも午後、もっとお店が素敵になるように。
1日目よりも2日目、もっと楽しい時間を送れるように。いつでも笑顔で動き回っていました。
最終日、ファッションチームの子ども店長が、
片づけのあと発表された前日を大きく上回る売り上げを聞いて見せてくれた笑顔を、
きっとこの先ずっと僕は忘れないだろうと思います。
DSC_1004 DSC_0947
そして3年目3回目を迎えた今回は、
多くの地元の中・高・大学生たちが手伝いに駆けつけてくれました。
中には事前の会議から参加してくれた子たちもいます。
地域の子どもたちを支える斜め上の世代の参画と成長も、確かに見て取れました。
10712705_712222618860378_6368893132950858937_n DSC_1061
様々な団体・個人が参画するがゆえの難しさもありますが、
より多くの多様な世代・分野の人々が手を取り合い関わり続けることで生まれる価値が、
必ずあると思います。
ご協力頂いた全てのみなさま、ご来場頂いた多くの子どもたち、親御さん、
本当にありがとうございました。
また来年お会いできることを楽しみにしています♪


とうきょうプレイデー~移動式子ども基地~@淡路町ワテラス活動報告2014.10.01

 P1400112 P1400087

日時:2014年10月1日(水・都民の日)
場所:神田淡路町・ワテラス広場

10/1都民の日は昨年から始まった「遊ぶを祝おう!」を合言葉に、すべてのこどもたちが豊かに遊べる環境づくりの大切さを啓発するキャンペーン『とうきょうプレイデー』。
今年のプレイデーは都内各所35ヶ所でキャンペーンの催しが行われました。
コドモ・ワカモノまちingでは神田淡路町にあるワテラスで移動式子ども基地が出動し、
紙飛行機づくりやコリント遊び、昔遊び、革遊び、つみ木遊びなどいろいろな遊びで遊びました。
P1400009 - コピー P1400015

子ども基地で遊んでいる途中で現れたのは、なんと、けん玉の達人!
達人ショーが開かれ、ショーの後は子どもたちも大人も一緒になってけん玉遊びが始まりました。
P1400059 P1400031
P1400029
達人のバッグからは小さなけん玉、とても小さなメタルけん玉、5つの穴があるけん玉、剣と玉だけのけん玉など、いろいろなけん玉も教えてもらいました。
みなさんは知っていましたか?

そして、室内では、つみ木でタワーをつくったり、
P1400035
道路をつくったり、初めて出会ったお友達同士で一緒にどこまで積めるか挑戦したり・・・
時にはこんなお友達も・・・!
P1400042

そして、室内芝の上では革遊び!
P1400024 P1400023
掃除機でゴミを吸い取る様子を貼りあわせてつくっている子や、
P1400116 P1400117
海とお花の作品を絵本のようにつくっている子も。
P1400095 P1400072
さらには、お姫様をつくったり、本物のお姫様も出現したり!?
ハートや星、ウサギなどのかわいい動物さんも生まれました。

奥では、子どもたちが何やらせっせとつくりあげている様子。
見てみると・・・
P1400082 P1400085
お家から持ってきてくれた、絵の具で色を染めた障子紙をちぎってブレスレットを作っていました。
大人用と子ども用とたくさんの種類があり、「おすきなのをどうぞ」と、会場にいるお父さん・お母さん・お兄さん・お姉さん、お友達にプレゼントしていました。

また会場内のパパサロンでは「いろんな紙飛行機づくり」で、
10種類以上の紙飛行機をみんなでつくって飛ばして遊びました。
P1400007 - コピー P1400099
紙飛行機の種類ごとで飛ぶ距離や飛び方が変わります。
お父さんだけでなく、お母さんも一緒になってつくりました。
でもやっぱりお父さんの紙飛行機はカッコいい!子どもたちも憧れる飛行機もできあがりました。
中には、つくったけれどあまり飛ばなかった子も羽の角度を変えたり、重心を変えたりしてどうやったら飛ぶ飛行機になるか工夫しながら、それぞれのカッコいい紙飛行機をつくりました。

普段からワテラスに遊びに来てくださっている方や、都民の日でお休みの日をみんなで一緒に遊びに来てくれたり、
通りがかりのお父さん・お母さん・お兄さん・お姉さん・おばさん・おじさんもみんなが遊んでいったり、様子を見にきてくれたりと楽しいプレイデーとなりました。
遊びをきっかけに子どもたち同士、お母さんお父さん同士、近所の方、その場にいるいろいろな方々とつながりができたり、
遊ぶことの大切さを大人たちみんなで考えていったり、
何よりもまず遊ぶことを楽しみながら、過ごす日になったのではないかと思います。

とうきょうプレイデー各地の報告も後ほどとうきょうプレイデーホームページにて公開される予定です。
ぜひこちらもご覧ください。
また来年も10月1日はとうきょうプレイデー!
来年はどんな遊び場が現れるか楽しみです。お楽しみに!

「あなたにとって遊びとは何ですか?」

 

6個の事業紹介
  1. 移動式子ども基地
  2. 子どもイベント
  3. 四季の感育学校
  4. 絵本 / キット
  5. まち学習 / 地域情報紙
  6. 講演 / セミナー / 研修
新しい記事
カテゴリー
過去の記事
特定非営利活動法人コドモ・ワカモノまちING事務所:〒252-0186 相模原市緑区牧野7890-5 tel/fax 042-684-9232 出張所:〒171-0052 東京都豊島区南長崎5-10-5
© 2018 Kodomo Wakamono Matching