活動報告


移動式子ども基地@淡路町ワテラス活動報告2015.03.28

DSC_2373
【日時】3/28(土)13:00~16:00
【場所】WATERRAS(ワテラス)広場 千代田区神田淡路町2丁目

毎月開催中の移動式子ども基地@ワテラス♪
高層タワーマンションの公開空地を活用した遊び場です。

DSC_2400
今年度最後の移動式子ども基地@ワテラスは春の音楽あそび♪
みんなでペットボトルや紙コップ、輪ゴムやビーズなど、色んな素材を自由に使って、
オリジナル楽器づくりをしました。

DSC_2384
外遊びは天気に恵まれ、この日も大盛況☆
拡大版の楽器コーナーやお馴染み巨大コリントも、子どもたちが走り回ります。
「たのしすぎるー!!」と大興奮の子や、
「もっと遊びたいから片づけも全部手伝う!」と最後までお手伝いしてくた子も。

DSC_2380
DSC_2409
みーんな、太陽のした、自由に安心に遊ぶことができました。
1年間、ありがとうございました!
次年度もまた毎月遊び場を実施していきまーす。
次回は4/25(土)、26(日)2日連続です!
こうご期待♪


藍染こども広場@根津活動報告2015.03.22

DSC_2315
日時:2015年3月22日(日)13:00~15:00
場所:文京区・根津藍染大通り

月1回地域のパパママと協力して定期開催中の藍染こども広場☆
通りを中心に、遊びを通して地域を繋いでいく取組みです。

DSC_2334
今回は宮城県石巻から高校生を招き、今の東北の様子などを話してもらうと共に、
Tシャツによる搬送や避難生活中に役立つだっこおんぶの方法など伝える、
防災ワークショップも実施。
たくさんの方にお話しを聞いて頂けました。

DSC_2291 DSC_2331
準備・片づけをいつも手伝ってくれる子どもたち、
遠く石巻から駆け付けてくれた高校生の2人、
遊びにきてくれたみなさん、
本当にありがとうございました~☆


3/28(土)移動式子ども基地@淡路町ワテラスイベント2015.03.21

CIMG1473
3/28(土)13:00より御茶ノ水駅からすぐの高層タワーワテラスにて、
下記のイベントを開催します☆皆さまぜひ遊びにお越しください!

★移動式子ども基地~春の音楽あそび~★
【日時】3/28(土)13:00~16:00
【場所】WATERRAS(ワテラス)広場 千代田区神田淡路町2丁目
(最寄駅:新御茶ノ水駅、淡路町駅、小川町駅、御茶ノ水駅、JR秋葉原駅)
地図:http://www.yasuda-re.co.jp/waterras/access/

【内容】今月も色んな自然素材や遊び道具を積んだ移動式子ども基地がワテラスに出動♪
いつでも大人気巨大コリント遊び(ビー玉流し)、昔あそび、間伐材つみ木に加え、
今回はオリジナル楽器の手づくりコーナーも登場です☆
【参加費】無料
【申し込み】不要
【主催】一般社団法人 淡路エリアマネジメント
【共催】NPO法人コドモ・ワカモノまちing
【協力】ワテラスコモン
DSC_1635 DSC_1619


「世界一ワクワクなねりまちづくり」活動報告2015.03.14

DSCF0404DSCF0355
【日時】3/14(土)14:00~17:00
【場所】練馬区勤労福祉会館集会室 
代表の星野が第2回まちづくり講座「世界一ワクワクなねりまちづくり」の講師とワークショップのファシリテーターをしました。

第1部では、「子ども達と育む、まちづくりのイロハ」をテーマに、子どもを取り巻く環境・社会的課題の共有、原体験のシェア(グループワーク)、団体紹介(理念・思い)、これまでの実践紹介(空き家を改装した子ども基地、移動式子ども基地による遊びの出前、防災・環境・職人体験などの子どもイベント、環境デザイン活動、自然体験学校、パパママサロン、まち探検、震災復興支援活動など、企業・NPO・自治体・商店街・町会・学生・パパママサークルなど多様な協働活動を紹介)をしました。

そして、まとめとして、
① 価値のダイヤモンド
② コミュニティシェア=人・場所・物・情報・ノウハウ・資源などをシェア
③ コミュニティミッション=「今×ここ×私たち」にできるコトは?
④あそびは世界を平和にする(地域・世代・分野・時代を超えてつながる)
などを話しました。質疑応答では、道遊びにおける騒音の問題、解決方法や地域との関係性づくりなどの話題がでました。

第2部では”今だけ×ここだけ×私たちだけ”ワークショップとして、一人一人の個性や得意と地域資源をかけ算するまちづくりワークショップを開催しました。

まず、1グループ3~4名で、「今だけ」「ここだけ」「私たちだけ」各カードづくりを行いました。

今だけ:時代・年・季節・月・日・一瞬など
ここだけ:地域資源(人・自然・文化・歴史・産業等)・地域性など
私たちだけ:感性・特技・趣味・ネットワークなど

その後、団体オリジナルの「感育まちキット」を使った頭の体操で、「体×モノ×まち」のかけ算で、固定観念をとり、世界初の遊びを生み出しました。
DSCF0393DSCF0399
そして、「今だけ×ここだけ×私たちだけ」 のかけ算をして、自分&子どもが「世界一、ワクワクする」まちづくり活動を生み出し、対象を意識して、どんな社会的課題の解決になるか考えました。
DSCF9808DSCF0436
A班:演劇、歌、体を動かすなどの特技を活かして、地域の銭湯で、親子で参加できるミュージカルを行う。もしくは逆転の発想で銭湯内にて運動会を行う。

銭湯を拠点に赤ちゃんから高校生、家族のコミュニティ育成をしていく。

B班:肥料作り、プレーパーク、サッカーなどの特技を活かして、サッカーボールの中に土と生ごみをいれたコンポストづくりをする。サッカー後に、各自、それを持ち帰るという環境スポーツイベント。

C班:歌を歌うことやアニメなどの特技、東映やアニメ文化のまちの特徴を活かした春のアニメソングのみのカラオケ大会「春だ!みんなでアニソンだ!」を行う。子どもたちや親世代がアニメソングを通じて多世代交流する。

D班:左官や写真、子育ての特技を活かして、銭湯(極楽湯)で、親子で土を塗り合い、写真を撮るイベントを開催。いろいろな色の土で、子どもはどろんこ遊び、大人は泥パックで美肌になるという遊び×健康イベント。 

E班:料理、子ども食堂(不登校)、情報発信、民生委員などの特技や地域の文化のアニメを活かして、オレたちの放課後レストラン“サンジのレシピ(アニメ)”を開催。孤食や経済的に貧困な小中学生を対象に、みんなで夕食を食べる居場所づくり。 

など、世界初の多様でワクワクなアイディアが出ました。 

まちづくりは課題を共有することは重要ですが、それ以上に自分たちや地域の人がワ
クワクして共感される活動を生み出すことがもっと重要だと考えています。

まちづくりの会議はそのワクワクに時間をかけるべき(ソリューションフォーカス)だと思います。

みんなで「今だけ×ここだけ×私たちだけ」による活動を生み出し、各地で世界一ワクワクなまちづくりをしましょう。

【主催】練馬まちづくりセンター


3/22(日)藍染こども広場@根津イベント2015.03.13

P1100309

毎月開催中の移動式子ども基地@藍染大通り!
今月3/22(日)に実施です☆
今回は宮城県石巻から高校生をお招きし、一緒に遊び、一緒にお話ししたいと思います。
みなさまぜひ遊びにお越しください。

藍染こども広場 ~石巻の高校生交流と防災ワークショップ~
石巻の高校生やかーびー(NPO法人コドモ・ワカモノまちing 代表星野)と遊んで、語り合おう!
震災から4年経ちました。そこで、3月の藍染こども広場では、石巻の高校生に来ていただき、
一緒に遊び、一緒にお話したいと思います。
3.11震災の教訓やこれまでの復興活動を通じて、今の東北の様子を伝えると共に防災や命、
子ども・若者の力について語り合いたいと思います。
また、かーびーが子どもを守る防災ワークショップ(自分を守る防災あそび、
乳幼児を守る防災の知恵と技など)も行います。 ぜひ、ご家族でご参加ください。

*テレビ東京のスケッチという番組が高校生を取材にくる予定です。


★震災復興支援活動へのご寄付のお願い★そのほか2015.03.11

当団体では、東北の被災地にて子どもの居場所づくりと心のケアを継続的に行っております。
下記口座にて、1円よりこちらの活動への寄付を受け付けています。
ご支援のほど、宜しくお願いいたします。
詳細はこちらをご覧ください。

【振込先】
銀行名:三菱東京UFJ銀行 神田支店
口座番号:普通 0033473
口座名:特定非営利活動法人コドモ・ワカモノまちing事業A
(トクテイヒエイリカツドウホウジンコドモワカモノマツチングジギヨウエー)

※お振込みの際は info@k-w-m.jp まで、メールにてご連絡いただけますと幸いです。
活動の様子に関しましては、随時下記HPてご報告させていただきます。
震災復興支援活動専用HP

 


3/11(水)「3.11 Pray ∞ Love,Day 」 大切な人に想いを伝えよう!イベント2015.03.10

☆ 世界中のどこでも参加できるイベントです。
3.11 Pray ∞ Love, Day- 愛と感謝を伝える日 -

♦English after Japanese♦
3月11日、震災から4年。
今だからこそ、普段なかなか言えない想い、伝えてみませんか? 
恋人に「好きだよ」。
ともだちに「ありがとう」。 
家族に「愛してるよ」。

 2011年3月11日に発生した東日本大震災。 
私たちは、あたり前だと思っていた日常が、 かけがえのない瞬間の積み重ねだと知りました。 多くの“ご縁”が失われ、誰かとつながっていることが チカラになると感じました。 
「ひとりじゃない」「明日がある」 そう思えることが、勇気になると感じました。

いのち、つながり、 これからの 出会い…。 そのすべてに「ありがとう」を伝えたい。
3月11日。 命と平和に祈りを捧げる日。 大切な人に想いを伝える日。
愛と感謝を伝える Pray ∞ Love,Day. 

【日時】3月11日
【場所】どこでも
【参加の仕方 】
・大切な人や、大事なものに、想いを伝えましょう。 
・伝え方は自由。 手紙、メール、電話、カード、直接会って、笑顔を添えて、抱きしめて。  
◇「震災の時、『大丈夫?いつでもうちに来て』とメールをくれた故郷のともだちへ 今、わたしが頑張れるのは、あなたのおかげ。ありがとう」
◇「積み木さん。いつもあそんでくれて、ありがとう」
◇「手紙でごめんね。いつかちゃんと、ありがとうって、言うね。 お父さん」
◇「おなかのあかちゃんへ。地球が生まれた日から続く命のリレーがあなたにつながっているんだね。 遠い昔のご先祖さまにも感謝の気持ちでいっぱいです。いろんなことを教えてくれてありがとう」

Four years will be passed from the The Tohoku Earthquake and Tsunami.
We would like to suggest this day to tell your heart to your loved one.

3.11 Day of Pray ∞ Love A Day for telling your love and thank to your loved one
Tell your lover, I love you.
Tell your friend, thank you.
Tell your family, I love you.

We had the Tohoku Earthquake and Tsunami on March 11, 2011.
It has made us realized that our ordinary everyday life is accumulated by many precious moments.
A lot of “bonds” have been lost since then, but the other hand, we found the bonds to somebody or something encourage us to live today.

If you can think “Nobody is alone” or “Tomorrow is coming”, you will be stronger than before.
We would like to say “thank you” to everything of lives, bonds and encounters.

March 11.
Day of pray for lives and peace.
Day of tell your heart to your loved one.
Day of Pray ∞ Love is to tell your love and thank.

◆ How to join
・ Let’s express your feelings to your precious person and something important.
・ Style/Method to express your feelings can be anything. 
・ By a letter, an email, a telephone and a card.
・ Meet the person face to face with you smiles.
・ Hug the person tightly ….
・ We can be even stronger by the number of the cards even if you couldn’t hand it.
- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - 
◇ To my friend from my hometown who sent me an email that says “Are you OK? Come to my house anytime!” when earthquake disaster occurred. I owe what I can do my best now to you. Thank you.
◇ To building blocks. Thank you always for playing with me.
◇ I am sorry in a letter. Father, I’m going to say “thank you” someday.
◇To my baby in body. Relays of our lives, which have continued since the day that the earth was born, lead to you. I am so grateful to our ancestors of ancient times. Thank you for telling various things.
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 
*We would appreciate it if those who join or agree with our events link, share or invite your friends.


3.11と共に歩む!!「奇跡の、あたりまえの命」講演会活動報告2015.03.08

IMG_0671
【日時】3/8(日)13:00~16:30
【会場】神田明神(東京都千代田区外神田2-16-2) 祭務所地下ホール

江戸総鎮守 神田明神にて、NPO法人にじいろクレヨン代表理事の柴田氏と、
神田明神権宮司の清水氏にお越し頂き、
3.11と共に歩む!!「奇跡の、あたりまえの命」講演会を開催しました。

柴田氏には、4年前の3月11日のこと、そしてあの日からの石巻、子どもたち、ご自身のことを話して頂きました。
ゆっくりと語られる一つ一つの言葉を、こぼれ落とさぬよう大切に大切に受け取る来場者のみなさん。
柴田氏は4年前のあの時、自分にできること、自分の命のつかいみち、
何のために生きるのかを考え抜き、いまを生きている人たちのために使い切ろうと覚悟しました。
その想いは4年の歳月を経てなお、生々しく、力強く、私たちの心を叩きます。
IMG_0679

清水氏からは、この160年間で3回もの大きな災害に襲われ、焼け野原となりながらも、
その度に不屈の精神で町を再興させてきた神田の歴史をお話頂きました。
歴史をひも解けば、幾度なく自然災害に襲われ、幾度となく財産を失い、大切な人々を失ってきた日本人。
その度にしなやかなに再生してきた日本人の暮らしのなかには、祈りがありました。

IMG_0676
常に災害に襲われ、その度に多くの命が失われてきた世界。
しかしどれだけの数の人命が失われた災害でも、そこにはそれぞれの命がありました。
1/1の命。災害の規模、死者数に関わらず、大切な一つ一つの命です。
そう思えば、災害という非日常も、日々の暮らしの日常の延長線上に感じられてきます。
日々、自分の命と向き合うこと、隣り合う人々の命を感じ愛しむこと、そのことの大切さを改めて感じます。

私たちコドモ・ワカモノまちingは最低10年間、これからも東北での活動を続けていきます。
引き続きご支援のほど何卒宜しくお願い致します。

そしてご来場くださったみなさん、ありがとうございました。
大切な日を共有できたこと、御礼申し上げます。


キッズレザープログラム研修@墨田活動報告2015.03.05

P1610015 染色は感覚。PHによって色が変わります
【日時】3/5(木)10:30~12:00
【場所】墨田区・三恵産業 (株)

キッズレザープログラムの一環で革についてより知識・技術向上のため、定期的に研修を行っています。
今回は国内でも数少ない自給されている豚の皮革を扱う三恵産業さんを伺いました。

原皮からなめして革になり、加工していく様子を見学させていただき、
なかなか見ることがない豚の原皮に参加者もみんな驚きの様子でした。
P1610008 
日頃いただいている豚のお肉。
副産物として出る皮も革として暮らしの中で使われ、脂肪はラードとして使われたり、石けん・
肥料になったり、コラーゲンは化粧品にと、大切に最後までその命をいただいています。
革になるまでの工程一つ一つに職人さんの思いが込められ、職人さんの長年の経験が生んだ感覚で品質が保たれていることも知りました。
革でものづくりをする時には革に触れながら少しだけでも命のぬくもりを感じとってもらえたらうれしいです。

 

 

キッズレザープログラムについてはコチラ↓↓

KLPバナー


3/11(水)<テレビ放映>コドモ∞ムゲンプロジェクトメディア掲載2015.03.05

弊団体の震災復興支援活動「コドモ∞ムゲンプロジェクト」について、下記の番組で放映される予定です。

【放映日時】3/11(水)20:10~
【放映番組】すけっち(テレビ東京)

宮城県石巻市での活動の様子が放映されます。
石巻の今と現地の子どもたちの力を感じていただけますと幸いです。
皆さまぜひご覧ください。

6個の事業紹介
  1. 移動式子ども基地
  2. 子どもイベント
  3. 四季の感育学校
  4. 絵本 / キット
  5. まち学習 / 地域情報紙
  6. 講演 / セミナー / 研修
新しい記事
カテゴリー
過去の記事
特定非営利活動法人コドモ・ワカモノまちING事務所:〒252-0186 相模原市緑区牧野7890-5 tel/fax 042-684-9232 出張所:〒171-0052 東京都豊島区南長崎5-10-5
© 2018 Kodomo Wakamono Matching