活動報告


まちの縁側 四世代あそびデー@谷中活動報告2016.01.31

thumb_IMGP3128_1024
【日時】1/31(日)10:00~15:00
【場所】防災広場 初音の森&谷中防災コミュニティセンター(台東区谷中5丁目)
【内容】①ミニ漫才 ②移動式子ども基地 ③とん汁炊き出し
【主催】NPO法人コドモ・ワカモノまちing 【共催】みんなであそぼう会
【協力】台東区災害対策課(午前中に防災訓練を連携実施)
※平成27年度東京子育て応援事業「多世代交流モデル」の一環として実施

気軽に地域の人たちが集い世代を超えて様々な人たちが触れあえる
「まちの縁側」のような空間を目指して「四世代あそびデー」の第2回を開催しました!
雨予報を吹き飛ばし、当日は気持ちの良い晴天。遊び日和でした~
thumb_IMGP3185_1024
前回落語だった室内コンテンツは、、、今回は漫才。
若手漫才師の皆さんが5組(任意団体東京コミックス)も来て下さいました。
席も全て埋まり大反響♪
近所の子どもたちから、いつもお世話になっている町会のみなさん、
小さい子を連れたお母さんお父さんなどなど、
本当に幅広い世代の方に来て頂き、お腹からいっぱい笑ってもらえました。
何より地域のみなさんと同じ時間を過ごし笑いあえた幸せな時間となりました。
IMG_5769
外ではお馴染みの移動式子ども基地による遊び場と、
地域のパパママさんと協力して行ったとん汁の炊き出しで大賑わい。
前回以上に応援に多くの方が駆けつけてくれ、防災カマドの周りも大賑わいでした。
thumb_IMGP3117_1024 thumb_IMGP3143_1024
thumb_IMGP3142_1024 thumb_IMGP3179_1024
そして今回は寒い冬にうってつけの足湯が登場~!
こちらも子どもから大人まで、みんなで足をつけほっこりほっこり、居場所になっていました。
足湯
さらに品川からボランティアで来て下さった、割り箸鉄砲づくりの名人も大人気!
子どもたち皆が割り箸鉄砲を持ち空に向かって輪ゴムを打ち上げていました☆
IMG_5778
台東区災害対策課と連携し同時開催した防災訓練(起震車体験、AED講習)も
普段よりも大勢の方もご参加頂けました。

谷中で守られてきた人々の繋がり・助け合いの日々を、
これからも子どもたちの原風景にしたいと思います。
ご来場くださったみなさん、本当にありがとうございました!
さー次回は2/21(日)、炊き出しは今回同様ぜっぴん豚汁の予定です!
こうご期待!!


防災ワークショップ@青梅活動報告2016.01.29

防災ワークショップ@青梅

【日時】1/29(土)
【場所】都立青峰学園

一般社団法人防災教育普及協会の宮崎さん中心に、災害救援ボランティア推進委員会・特定非営利活動法人 日本トイレ研究所・特定非営利活動法人 コドモ・ワカモノまちingの4団体がコラボして、都立青峰学園で防災ワークショップを行いました。『災害を”生き抜く”ための知恵 ~避難生活での健康維持を学ぶ防災体験~』ということで、健康維持の大切さについて話した後、体験その1として「炊飯袋を使った非常食づくり」をしました。災害時の食事や栄養の大切さについて説明し、みんなで炊飯袋を使った非常食づくりを体験しました。次に体験その2「段ボール箱を使った災害時のトイレづくり」をしました。災害時のトイレの大切さについてについて説明した後、汚物の処理の仕方などをクイズ形式で伝えました。そして、最後に、体験その3として「学校にあるものを使ったマイスペースづくり」をしました。災害時の睡眠、プライバシー確保の大切さとマイスペースの大切さについて説明し、机や椅子、段ボールを活用してつくりました。今回は、ガムテープを使わずにクリップやひもで作りました。

災害から命を守ることができた後は、健康を維持し被災生活を生き抜くため、食事・トイレ・睡眠を確保することが重要です。被災生活における様々な工夫や知恵について体験的に学び、物資の不足やライフラインが停止した状況でも生き抜く意志と、その術を身に付けることが大切です。


1/30(土)移動式子ども基地@淡路町ワテラスイベント2016.01.27

  DSC_3619
1/30(土)13:00より御茶ノ水駅からすぐの高層タワーワテラスにて、
下記のイベントを開催致します☆みなさまぜひ遊びにお越しください~!

★移動式子ども基地~節分あそび~★
【日時】1/30(土)13:00~16:00
【場所】WATERRAS(ワテラス)広場 千代田区神田淡路町2丁目
(最寄駅:新御茶ノ水駅、淡路町駅、小川町駅、御茶ノ水駅、JR秋葉原駅)
地図:http://www.yasuda-re.co.jp/waterras/access/

【内容】
遊び道具を満載した移動式子ども基地がワテラスに新年初登場☆
様々な道具や材料を積んだトラックで遊びを出前し、
ワテラス広場を子どもたちの遊び場に変身させます。
今回は節分あそびをテーマに、鬼のお面を作ったりするよ☆
もしかしたら、、、鬼が登場するかも!!
DSC_3642 DSC_3657
お馴染みの流しそうめんならぬ大人気流しビー玉(巨大コリント)、
森のつみ木あそびや楽器あそび、ベーゴマ・けん玉昔あそびなども登場します!
みなさんぜひ遊びに来てください!!
過去の様子はこちら→http://www.k-w-m.jp/3154http://www.k-w-m.jp/3059

【参加費】無料
【申し込み】不要
【主催】一般社団法人 淡路エリアマネジメント
【共催】NPO法人コドモ・ワカモノまちing
【協力】ワテラスコモン


藍染こども広場@根津活動報告2016.01.24

IMG_0956

【日時】1/24(日)13:00~15:00
【場所】藍染大通り(文京区根津2丁目)
【主催】藍染町会・藍染こども広場実行委員会
【協力】NPO法人コドモ・ワカモノまちing

毎月開催中の移動式子ども基地、
寒い風の中でしたが、子どもたちは元気いっぱい!
台車にロープを括りつけて町中を駆けまわる子たち。
小さい子たちもおままごとや楽器を叩いて遊んだり、
お絵かきをする子たちも。
(素敵なイラストを描いてくれました!)
ベーゴマ、けん玉、羽根つきは大人の方が夢中に。
通りがかり方と一緒に羽根つきをして遊んだり、
若いお兄さんお姉さんもコマに夢中・・・
懐かしながら昔あそびの玩具を手に取る人たち。
自然と会話も生まれます。
フラフープでケンケンパやフリスビーで遊んだり、縄跳びや大縄をしたり、
子どもも大人も寒い中、体を動かして遊びました。
とても風が冷たい1日でしたが、色々な人が遊びに来てくれました。
ありがとうございました!
来月は2/28(日)の開催です。

また遊びに来てくださいね。
IMG_0958  IMG_0963IMG_0962 IMG_0961 


【参加者募集】2/11(木祝)3.11と共に歩むお話会~6年目の未来を分かち合う~イベント2016.01.22

石巻
2011年3月11日の東日本大震災から、5年という年月が経ちますね。
「東北の人たちのために何かしたいと思いながらも、何をしていいか分からない、どうしたらいいですか?」という声をよく耳にします。
その度に私たちは、「被災された人々の心を感じ、そしてそれを胸に、日々の自分の暮らしを大切に歩んでいくこと」と答えます。
すべては、そこから始まると信じています。
3.11のちょうど1ヶ月前の2月11日、私たちと一緒に、6年目の未来を分かち合いませんか?
☆弊団体が継続している震災復興支援活動についてはこちらをご覧ください。
P1100161-500x375
<3.11と共に歩むお話会~6年目の未来を分かち合う~>
【日時】2/11(木祝)13:30~16:30
【会場】汐見地域活動センター 2F 洋室A・B(東京都文京区千駄木3-2-6) 
    ※本郷図書館と同じ建物内の2階になります。
【アクセス】千代田線千駄木駅1番出口より徒歩3分 ☆地図はこちら  
【内容・タイムスケジュール(予定)】
13:30~14:40 第一部 講演「被災された人々の心を感じる」 
東北の5年間の歩み~震災復興事業に関わる団体からみた5年間の軌跡をたどる~
助成金や寄付などの激減により多くの活動団体が撤退を余儀なくされていく中、震災直後から現在に至るまで活動を続け、新たなプロジェクトも始動中の活動団体の思いや活動を通じて、3.11の軌跡、そして未来を共有していきます。
発表団体:NPO法人コドモ・ワカモノまちing、NPO法人こども∞感ぱにー
 (休憩10分)
14:50~16:30 第二部 ワークショップ「日々の自分の暮らしを大切にする」
どんなに愛情があっても、日々の生活を共にする時間が多い親子間には、ストレスは生まれるものです。
「ついついきつい言葉で接してしまった」「つい手がでてしまう」「言ってもいう事をきかない」など、自分をせめてしまったり、どう接していいかわからない時はありませんか?
声のかけ方をちょっと変えたり、子どもの心理をちょっと理解するだけで、子どもと楽しく過ごす時間が驚くほど増えてきます。
「コモンセンス・ペアレンティング」という親子のコミュニケーション力を高めるメソッドを用いて、家族や友人、職場や地域などの自分の周りにいる人達との関係性、絆を豊かにしていきましょう。
【講師】田中雅子氏 (NPO法人 こども∞感ぱにー代表)
2-2代表あいさつ01
【講師プロフィール】保育士。母子生活支援施設、児童養護施設に約8年勤務後、自然の中で自給自足の生活をしながら子育てをするために、長野県のフリースクールで3年間勤務。家族間の抱える問題によって、親と分離生活をおくる子ども達と生活を共にする。
2010年コモンセンス・ペアレンティング講師資格取得。2011年の震災後、石巻に入り、子ども達の遊び場作りと子どもを中心とした地域の方々の集える場所づくりを行っている。  

【参加費】無料  

【申し込み】件名を「2/11参加希望」とし、下記事項を記載の上、event@k-w-m.jp までメールにてお申し込みください。
(1)氏名
(2)所属(学校・学部名/団体名/社会人/主婦など)
(3)電話番号
  (4)お子様同伴の場合、人数と年齢  
     ※小さなお子さん連れの方の参加も大歓迎です。
    小規模のキッズスぺースを設けますのでご利用ください(託児ではありません)。

【スタッフメッセージ:えこ(星野えこ)】
今回、開催日をあえて2月11日にしました。
ちょうど1ヶ月前に改めて3.11をみつめ直して、毎日ひとつずつ、東北や自分のためのアクションを実行していく1ヵ月間を過ごし、6年目の3.11を過ごしてほしい、と思ったからです。
「被災地のドキュメンタリー動画をみる」「今度こそ、非常用持ち出し袋を準備する」「被災地の今をネット検索してみる」「備蓄食材を見直す」「家族や友達と3.11について語らう」「毎日の、当たり前の『ただいま』に感謝する」「被災地を訪れる」「ボランティアに参加する」・・・などなど、ささやかなことでも、ひとりでできることでも、なんでもいいと思うんです。クリスマスのアドベントカレンダーのように、厳かな気持ちを毎日重ねて、3.11まで過ごしていけたら、沢山の人の思いが東北に届くのではないかと感じています。
イベント当日、2月11日から3月11日までのカレンダーをお配りしますので、ご自身やご家族、もしくは職場の皆さんなどと話し合って、毎日のアクションを記入してみてくださいね。

【主催】NPO法人 コドモ・ワカモノまちing

 


1/24(日)藍染こども広場@根津イベント2016.01.19

CIMG1473
毎月開催中の移動式子ども基地@藍染大通り!
今月1/24に実施です☆
地域ぐるみで道路を封鎖し、まちの一画を子どもたちの居場所に変身させます!
大きくないゆるゆるとした遊び場は、初参加の方にもお勧めです♪
みなさまぜひ遊びにお越しください。
前回までの様子はこちら→12月の様子9月の様子

★移動式子ども基地★
【日時】1/24(日) 13:00~15:00
【場所】藍染大通り(文京区根津2丁目、根津神社入口の交差点を入った通りです)
           地図:http://p.tl/N-qU
      最寄駅:千代田線根津駅(徒歩4分)
【主催】藍染町会・藍染こども広場実行委員会
【協力】NPO法人コドモ・ワカモノまちing

【内容】移動式子ども基地による路上創作遊び
【参加費】無料
【申し込み】不要

感育
お待ちしてま~す!!


神田小川町雪だるまフェア活動報告2016.01.17

P1130432
【日時】1/16(土)、17(日)10:00~16:00
【場所】小川広場(神田小川町3-6)地図はこちら
「第15回 神田小川町雪だるまフェア」にて、ちびっこ雪遊び広場の運営を担当しました。
毎年大人気のこのイベント、今年もたくさんの方にご来場いただきました!

今年は暖かかったことで雪がそんなに固くならなかったため、そして滞在時間が長くなったためか、子どもたち同士や親子で協力し合って完成した、素晴らしい大作が沢山見られました。
子どもたちの集中力、感性に感動です。
DSC_8538DSC_8608DSC_8619
DSC_8647DSC_8665DSC_8629
滑り台コーナー、宝探しも大人気!
DSC_8637
都心ではなかなか出来ない雪遊びに皆大はしゃぎでした。
雪遊びの他に、昔遊びや積み木、楽器、おままごとなどで遊べるコーナーも実施。
こちらも大人気でした。
お正月明けだからか、羽根つきがとても人気で、みんな順番待ちをしながら楽しんでくれていました。
コマ・ベーゴマのコーナーでは、お父さんやおじいちゃんが回し方を子どもたちに教えてくれたり、べーゴマ対決が始まったりと、遊びを通して居合わせた皆さん同士の交流が深まっていました。
P1130440P1130442
初めてコマが回せるようになった子もいて、みんなで喜びました。
沢山の笑顔と出会えた2日間でした。
お越しいただいた皆さま、ありがとうございました!

【主催】小川町商工会、まえだれ会、表商会、福興会、駿河台下グリューネ・アレー通り会


【参加者募集】2/7(日)子育てが100倍楽しくなる魔法の授業 ~「子どもを聞く」と子どもは育つ編~イベント2016.01.13

図1図2
2/7(日)13:30よりセミナーを開催します。
~こんな方にオススメ!~
☆育児中のパパママ
☆就職・転職活動を控えた、自分探し中のワカモノ
☆子どもと関わるお仕事のワカモノ
☆そして、将来ママやパパになりたいワカモノ
お友達をお誘い合わせの上、ぜひお越しください。

<子育てが100倍楽しくなる魔法の授業 
                                         ~「子どもを聞く」と子どもは育つ編~

「自分らしさ」を見つめて、「本当に自分(相手)が伝えたいこと」を知る。
現役小学校教諭のばなな先生オリジナルの「自分科」授業を一緒に体感しましょう!

子どもの話を聞くとき、「コトバ」だけを聞いていませんか?
子どもに話をする時、「コトバ」だけを伝えていませんか?
 
「○○ちゃんとはもう遊ばない!!」
子どもがそう伝えてきたら、あなたはこう応えるかもしれません。
「ケンカしたの?お友達とは仲良くしなくちゃ」

もしかしたらその子は、本当に○○ちゃんと遊びたくないのではなく、
他のお友達と仲良くしている姿をみて、やきもちをやいたのかもしれません。
「○○ちゃんが大好き!○○ちゃんと仲良しでいたいよ~!」と伝えているのかも。
そして、あなたの本当に伝えたかったことも、
「友だちと仲良く笑ってる姿が大好きよ、今日は笑ってないけど、どうしたの?」だったのかも。

このように、私たちには誰もに固有の「自分言語」というものがあります。
50人いれば50通りの自分言語があります。

みなさんの、言いたいことが相手に伝わらない、という経験は、
自分固有の「見方」からくる
その人目線の言葉だったからなのです。

そして相手にも同じような
固有の言葉がある。
だからなかなか相手に言葉が伝わりません。
今回はその自分言語に気づき、その言語だからこその「自分らしさ」「あり方」に気づいていく時間です。 

参加すると自分に対して「自分で良いんだ」「これが自分らしいんだ」と思い、
さらに「この子はこの子で良いんだ」「だからわたしとは違うんだ」
と相手に対しても違いや尊重の気持ちが生まれてきます。 

表 現力の未熟な子どもだけではなく、私たち大人もみな、自分の本当の心まで見つめられずに、
ついつい感情や常識にもとづいた表面的な気持ちを伝えてしまいますね。

だからこそ、自分や相手のコトバの奥にある、「本当に伝えたいこと」を心で聞いてみませんか。
それができたら、子育ても、家族生活も、仕事も、みんなみんな100倍楽しくなると思うのです。

【日時】2/7(日)13:30~17:30
【会場】和泉橋区民館 3F和室(千代田区神田佐久間町1-11)
【アクセス】JR秋葉原駅昭和通り口から徒歩2分、都営新宿線岩本町駅から徒歩3分、
      東京メトロ日比谷線秋葉原駅から徒歩1分  
      ☆地図はこちら
【時間】13:30~17:30(開場13:15)
【参加費】一般…2,000円 学生割引(18歳以上)…1,000円 
     家族割…1,500円(ご夫婦、ご兄弟、親子等ご家族でご参加の場合、2人目以降)
【定員】30名(先着順)
    ※小さなお子さん連れの方の参加も大歓迎です。
     小規模のキッズスぺースを設けますのでご利用ください(託児ではありません)。

【申し込み】件名を「2/7参加希望」とし、下記項目を記載の上、event@k-w-m.jp までメールにてお申し込みください。   
(1)氏名(複数人の場合、参加費が発生する18歳以上の方全員分の氏名並びに家族割の有無)
(2)電話番号
(3)お子様同伴の場合、人数と年齢 / 学生は「学生」と明記  
※5日以上経っても返信がない場合、端末の設定により受信エラーになっている可能性があります。
参加可否についてお知らせする場合がありますので、03-6806-0012まで必ずお電話にてご連絡ください。
【主催】NPO法人 コドモ・ワカモノまちing
*東京子育て応援事業(多世代交流モデル)の一環として実施します

 

 

 


1/16(土)、17(日)雪だるまフェア@神田小川町イベント2016.01.13

P1060901P1060893

1/16(土)、17(日)に神田小川町にて開催される「神田小川町雪だるまフェア」のちびっこ雪遊び広場の運営を担当します。 
大都会の真ん中で雪遊びができるイベントです!
ぜひ遊びにお越し下さい。
 2016yukidaruma
【日時】1月16日(土)17日(日)10:00~16:00 (ちびっこ雪あそび広場開催時間)
【場所】小川広場(神田小川町3-6)地図はこちら 
【最寄り駅】都営新宿線神保町駅・小川町駅、丸の内線淡路町駅、千代田線新御茶ノ水駅、
      JR線御茶ノ水駅
【内容】雪の滑り台やかまくら、雪中宝さがしゲームなど、嬬恋村からやってきた雪で思いっきり
    遊ぼう!
    会場では嬬恋の特産品やC級グルメの販売、足湯コーナーなども開催される他、
    会場近くの靖国通り沿いには20体以上の雪像が並び、コンテストが行われます。
    嬬恋村のある群馬県のゆるキャラ「ぐんまちゃん」もやって来ます!
*「神田小川町雪だるまフェア」イベント全体についての詳細はこちら
【主催】小川町商工会、まえだれ会、表商会、福興会、駿河台下グリューネ・アレー通り会
 


【参加者募集】1/24(日)コドモ×コミュニティビジネス研修会@飯田橋イベント2016.01.11

1044862_858000214313699_2785524391946272720_n
1/24(日)、子どもに関わる活動やイベントをしている人・したい人向けの研修を開催します!
皆さま、ぜひご参加ください!

<「コドモ×コミュニティビジネス研修会」
~コドモのために活動するオトナ同士が学ぶ!生み出す!つながる!濃厚な1日~
「いつまでたっても改善されない課題」や「ずっとやりたいと思っているのに実現できないこと」…沢山ありますよね。
その原因をたどると必ずといっていいほど「ヒト手がない」「おカネがない」にたどり着きます。
ヒト手もおカネも無限にある人なんていません。
だからこそ、限られた時間や資源の中で、やりたいことを実現していける力が必要なのです。

そこで今回は、資金力もネットワークも少ない10代の頃から、「好きなこと」「やりたいこと」を実現し、現在もその夢を本業として続けている当団体代表星野(かーびー)が、自身の活動事例や生き方を題材にしながら、みなさんと共にノウハウをシェアしたいと思います。
コドモに関わる私たちオトナが共に夢を叶え、コドモをとりまく環境をより豊かなものへと育んでいきましょう!

【内容】
(1)講演『ナイナイづくし』の中からダイアモンドをみつけるコツ!
    ①多様なジャンルの関係者との協働と資金調達
      ~give&takeやWin&Winではない「Happy&Happy」の追求~
       ②第三の答えの創出  
             ~二択から選ばない、「第三(オンリーワン)の解決案」の追求~
       ③うず巻きの軌道を描く運営と人財育成
             ~ゴールまでの最短ルートを狙う直線的ではない、「ぐるぐる巻き込むプロセスデザイン」の追求~

(2)ワークショップ「ひとりで、みんなで、感じて生み出すグルグルWS」 
       ①自分(たち)の魅力を洞察 ~深く、広く、知る~ 
       ②遊び心の開放 ~固定概念に因われない自由な発想力、その源は遊び心~
       ③ポテンシャルの掛け算 ~複数のポテンシャルを掛け算することで唯一無二のプロジェクトが生まれる~
       ④価値のダイアモンドを創出 
           ~自分(たち)のやりたいことと、関わる複数の人のの望みや悩みを重ねあわせ、
                                社会にとって価値のあるダイアモンドを創り出す~

【日時】1/24(日) 9:30~17:00(受付9:15~)
【会場】東京ボランティア市民活動センター会議室AB(東京都新宿区神楽河岸 1-1 セントラルプラザ10階)
【アクセス】JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。
 ・JRをご利用の場合…飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
           低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。
 ・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
          …「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。
 ☆地図はこちら
【参加費】4,000円(学生2,000円)
     ※研修終了後近隣店にて2時間程度交流会を開催予定(参加費:3,000~4,000円)
【申し込み】こちらの入力フォームよりお申し込みください。
【主催・お問い合わせ先】NPO法人 コドモ・ワカモノまちing  

6個の事業紹介
  1. 移動式子ども基地
  2. 子どもイベント
  3. 四季の感育学校
  4. 絵本 / キット
  5. まち学習 / 地域情報紙
  6. 講演 / セミナー / 研修
新しい記事
カテゴリー
過去の記事
特定非営利活動法人コドモ・ワカモノまちING事務所:〒252-0186 相模原市緑区牧野7890-5 tel/fax 042-684-9232 出張所:〒171-0052 東京都豊島区南長崎5-10-5
© 2018 Kodomo Wakamono Matching